スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MMDモデルの裏地について

みょんなことに、にゃっぽんでつぶやいたコメントが
いろんな方のお役に立てたようでしたので
こちらでもまとめておこうと思います。

タイトルの通り、MMD用のモデルの裏地についてです。

MMDでは、エッジを出すと片面ポリの裏側が真っ黒になります。
それを回避するために、多くの方が裏地部分を作られていて
とても苦労していたと聞きました。

しかしながら私は裏地を作ったことがありません。
というのも、気づかぬうちにある方法で裏地の処理をしていたのです。

では例として、パチュリーで説明しましょう。
パチュリーのスカート部分がその箇所なのですが

裏地1

まずこれが従来の方法で表示したもの。
スカートなど完全に片側しか作っていないので、その部分は黒で表示されてしまいます。
それを直すのがこちら↓

裏地2

赤で囲ってある部分の数値を変えます。
おそらくここはアルファ値なのでしょう。
この部分の最大値は1で、少なくなるとその材質部分が透過していくわけですが
これを下のように↓

裏地3

1 → 0.999 としてください。
まだ見た目としては変化がないと思いますが、これを保存してMMDで表示してみると・・・

裏地5

はい、この通り。
裏の黒かった部分はすべて消えてあたかも両面ポリのように表示されています。
ね、簡単でしょ?(ボブ的な意味で)

これを利用すれば、今まで作ってた裏地もいらなくなり
ポリ数の大幅削減にもなりでいいこと尽くしですね!

ちなみに、この数値を下げて透け透けにしたのが昔公開してた紳士バージョンですw
他の方から、影が消えてしまうのでは?と聞かれましたが、PMDEでエッジを出しているならば影は消えません。

裏地4

ね?
もしエッジがいらない場合は、MMDでエッジの太さを0にしてやりましょう。
この場合、全体のエッジがなくなりますが、裏地は健在です。


※この方法は、MMD特有のものなので他のソフトで使うモデルはちゃんと裏地を作った方が良いと思います。


以上で説明は終わりです。
たったこれだけの作業ですので、是非皆さんお試しください。
 
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

カウンター
総合アクセス数

現在の閲覧者数
プロフィール

ルシール

管理人 : ルシール

ネタに生きたいと思うちょっとアレな管理人のネタにもならないブログ。

お仕事募集中です。
詳細は→こちら←へ。





>>クリック詳細<<

DOWNLOAD
公開モデル

↑公開モデル一括表示
↑パチュリー更新分
ツイッター
ギャラリー
DL販売中
パッケージ
例大祭、夏コミで頒布したモデルです。
メロンブックスDL様より販売中。
記事は>こちら
TIPS
お絵かき掲示板
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリー
メッセージ
TOHO CLOCK
リンク
RSSフィード
Pixivデイリーランキング100
QRコード
QRコード
物欲センサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。