スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話

ほんの2時間前の出来事です。


私の自宅のほうに1本の電話がきました。

うちの電話はディスプレイに相手のナンバーが表示できるもので

毎回不審な番号の電話は出ないようにしています。

先ほどの電話もその1つでした。

かかってきたのは 21:18 

携帯電話からでした。

まずこの時点で、全く知らない番号からの電話ということ

そして9時過ぎという時間を考えると

間違いなく常識のない輩だという結論に至りました。

よって放置決定。

しかし、長くなり続ける電話に嫌気をさした父が受話器を取ってしまいました。



電話「○○君いますか?」



父が私に代わるよう促します。

私は相手は誰かと尋ねましたが、父も名乗られてないそうです。

この時点で不審ですよね?

父は私の友人だろうとでも思ったのでしょうが

私からしてみれば、友人が自宅に電話をかけてくることは100%ありません。

必ず私の携帯にくるはずです。


仕方なく受話器を取る。



私「はい、もしもし」

電話「○○君ですかぁ?私ぃ、??????という会社のPRの電話をさせていただいてるものなんですけどぉ、少しだけお時間いいですかぁ?」



ハイ、この一文からどれほどのことが読み取れるでしょうか。

電話の相手は女性で結構若い声でした。

常識的に考えて、9時過ぎにこんな電話をかけてくるなんて非常識ですよね?

私が20年間生きてきて得た常識では、夜の8時を過ぎたら電話は控える。

止む無く電話をする場合は「夜分失礼いたします」と一言添える。

9時を過ぎての電話は失礼に値する。これが私の常識。

そしてこの女は9時18分にかけてきている。

それから、話口調。文字だけじゃ分かりにくいかと思いますが

”超”上から目線。

子供を相手するような口調で話してきます。

しかも”君”付けでよんでくる。

普通なら”さん”で呼ぶのが礼儀でしょ。


非常識な時間に、素性も知らない人に、営業の電話で、子ども扱いするような口調で、君付けで相手されている。

いくらなんでも馴れ馴れしいですよ。

そして(後でも記述するが)この人、私の年齢を20歳だと知った上でこの態度です。

(´゚Д゚`) ハァ?ってなりますよね、普通だったら。

とりあえず会話に戻ります。



私「あの、それって成人を対象にしたアンケートか何かではないですか?」

電話「いえ・・会社のPRで電話させてもらったんですけど・・・」

私「はぁ、そうなんですか」



実は2,3週間くらい前(もっと前かも)だったと思いますが、同じような電話を受けたことがありました。

その時の話し方、声までもが今回の電話と瓜二つだったのと、何より不快感を感じたため

私の頭はかなり冷静になっていました。(例えるなら、抜いた後の静けさ)

前に受けた電話では、なぜ私にこんな電話が来るのかが不思議でたまらなくなり、個人情報の入手について質問した覚えがあります。

何で私が20歳だとわかるのか、名前と電話番号の入手はどうしてるのか。

これを質問したんですが、マーケティングの会社だから―と言われただけで答えてくれませんでした。

実際こういう情報は簡単に手に入るものなのでしょうか。不安です。

話は戻りますが、その時の電話でも話し方がいっしょでとても不快感を抱いていました。

そして今日も同じような電話だったため、これを徹底して問いただすべきだとひらめきました。



私「実は以前にも同じようなお電話をいただいたものですから」

電話「はぁ」



さっそく質問スタート。



私「あの、どうして君付けで話されるんですかね?いきなりそんな親しげに話されて・・・・失礼じゃありません?」

電話「あ・・それは人それぞれ考えも違いますし」

私「まぁそりゃそうでしょうね」

私「でも、いくらなんでm」   電話「あの、何でそんなこと言うんですか?」



言葉が被って途切れるオレ未熟者だな(;'ω')ン

続けて女



電話「別に聞きたくなかったら切ってもらって構いませんよ?こっちも時間がもったいn」

オレ「そりゃそうですよね。こっちだってもったいない。こんな時間に」

オレ「でもちょと聞きたいんですけど」

電話「はい」

オレ「あなたはこちらのことを・・・えー・・どういう人だと思って相手してるんですかね。どういう人かっていうのは」



ここでちょっと言葉が詰まってしまった情けない(ーωー|||)

このとき、20歳の人を相手にするには失礼な話し方ではないか?というのが頭に浮かんだので



電話「どういう人かっていうと?」

オレ「例えば、私のこと何歳だと思って相手してます?」

電話「え、じゃあ・・・失礼ですけど何歳ですか?」



ちょwww聞き返されたよwwwww

お前知ってんじゃないのかよ!とか思いつつ (前の電話では年齢を知られていたため)



オレ「二十歳ですけど?」


電話「ですよね?」


お前知ってんじゃねえかよおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!



オレ「その割には話し方が失礼じゃありませんか?」

オレ「他の方にも電話されるんでしょう?そんな態度で電話されたら他の人も不快に思いm」


電話「じゃあ切ればいいじゃないですか」



っざけんじゃねーーーーーよ!!!!!!!

なんという投げやりな態度。それでも俺はまだ冷静でいたし、まだまだ質問攻めをしてやろうとまで思っていた。

思っていたのだが・・・・



オレ「あぁそうですか。切りたいならそちらから切ればいいじゃないですか」



あちゃー(;'ω')ン 言っちゃったぜお;;



電話「分かりました。それでは」

プツッ――



とまぁここでゲームセットッ! 試合終了です!!


なんだか少し勝ち誇ったような気分で

でも少し言い足りなかったなぁと思う部分もありで

微妙な気分ですけどやりました!

受話器を置いた手が少し震えてるのが分かりました。

電話で討論するのって、たまにテレビでやる悪徳業者とのガチンコバトルみたいじゃね?


でも、ホントは少し悪いことしたなーという気持ちもあります。

電話の女性は、所詮ただテンプレートを読み上げてるだけのアルバイトなんだろうなと考えると

ほんとに言い負かすべきは、その雇い主なんだろうなーなんて。

それを考える前は、すぐにでも電話番号を晒そうwwwwとか思ったりしてたけどね(^ω^)

実際番号メモってあるしwww



とまぁこんな電話がかかってきたわけで

同じような経験ある人がいたら教えてほしいですねw


今回の出来事、かなり自分視点で書いてます。

常識とかも自分ではそうだと思っていても時代とともに変わってるものなのかもしれないし

もとからずれてるかもしれないです。

「お前がおかしい」とか言われるともうお手上げですね(´ω`)


表現が下手な自分ですけど、共感できる人がいたら教えてください。

励みになります。

あと、文中、途中から「私」から「オレ」になってますけど

これは話してるうちに紳士的な自分から、ちょっとハイな自分に移り変わったために変えました。



長文失礼しました――
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

Re:風波

>風波さん
コメントありが㌧!
まぁ普段はうちもそれで済ますんだけどね
今回の電話は、まず第一声に「○○君いますか?」と言ってくるとこにポイントがあるんだよ。
これだと、家族の誰がとっても○○の友達かなと思ってしまうんだよね。
まぁ大抵は「どちら様ですか?」って聞き直すだろうけど、今回のようにそのまま受け渡しちゃう人もいるわけで。

電話をする側も受ける側も最低限のマナーはわきまえてないといけないですよ。
困ったものです。

バイトではいつもお世話になってます。

それらしき電話は割と頻繁にかかってくるよ。
でも自宅にかかってくる僕宛の電話はまず100%カットされて
「おりません。」
の一言で終わらせます。
僕が出た場合でも
「いません」
で終わりだよ。
たいていこの一言で相手は引きざがるなぁ。
そういえば電話の近くでいつも誰かが話してる声が聞こえるよ。

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mpfeelg/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
カウンター
総合アクセス数

現在の閲覧者数
プロフィール

ルシール

管理人 : ルシール

ネタに生きたいと思うちょっとアレな管理人のネタにもならないブログ。

お仕事募集中です。
詳細は→こちら←へ。





>>クリック詳細<<

DOWNLOAD
公開モデル

↑公開モデル一括表示
↑パチュリー更新分
ツイッター
ギャラリー
DL販売中
パッケージ
例大祭、夏コミで頒布したモデルです。
メロンブックスDL様より販売中。
記事は>こちら
TIPS
お絵かき掲示板
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー
メッセージ
TOHO CLOCK
リンク
RSSフィード
Pixivデイリーランキング100
QRコード
QRコード
物欲センサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。